エアコンクリーニング

エアコンクリーニング ¥9,800(税別)~


エアコンはカビの温床の一つです。
エアコンは風を出すと共に部屋の空気を吸い込みます。
その時に部屋の中のカビ・ダニ・花粉等々ハウスダストを吸い込みます。
そしてそこで培養されたカビ等を再び送風する。
悪循環です。
カビ風により体質的に弱い方は喘息等の症状を発する場合もあります。
当社のお客様にも毎年エアコンシーズンの前にクリーニングをしないと症状が出てエアコンが使えない方がいらっしゃいます。
健康の為にもエアコンクリーニングは欠かせないものになりつつあります。
尚、リコール対象エアコンについては修理後御注文いただくようお願い致します。 
※複数台割引あります。お問い合わせ下さい。


エアコンクリーニングの必要性


エアコン内部に発生しやすい代表的なカビには、アルペルギルス菌とトリコスポロン菌があります。
これ等は日常的に空中にも浮遊している物で通常の生活には問題はありません。
ただ、特に室内だとエアコン内部に過剰に集積され、それがアレルギー症状や免疫力の弱っている方を攻撃します。
それ等が以下の症状を引き起こすことが知られています。
①気管支炎アスペルギルス症
②夏型過敏性肺炎


当社エアコンクリーニングの特徴


①50度以上のスチーム(雑菌は50度以上で死滅します)
②エコ洗剤の超重曹使用(従来の重曹を10倍にPowerUpした業務用重曹)
③高圧洗浄
④消臭・除菌コーティング
の4工程で、カビ・雑菌を徹底除去します。

日常のお手入れ


①換気⇒密室状態が行けません。換気をよくし、レンジフードや浴室の換気扇は24時間入れておくのが望ましいでしょう。
古い機種は別ですが、最近の物は電気代もそんなにかからない構造になっています。

②フィルター清掃⇒バキュームだけでも2週間に1度位の目安で!尚、その際にエアコンの上部もはたきで軽く払うかバキュームで吸い取るようにしましょう。
埃もカビのエサになります。

③ファンの中を懐中電灯等で覗き黒い点々が見え始めたらエアコンクリーニングの出番になります。
これはお客様では出来ません。


お受け出来ないエアコン


以下のエアコンは申し訳ございませんがクリーニング出来ません。
①壁埋め型
②窓用縦型ウィンドウファン
③経年劣化の激しい物
④エラーコードの出ている物(修理してから御発注願います)
⑤リコール対象品で未修理の物(修理してから御発注願います)


洗浄機具について


当社の使う道具類は以下の通りです。


洗剤について


当社の使うエアコンクリーニング用洗剤は以下の通りです。